2017年09月10日

初秋、庄内の夜

晩秋の庄内の夜に想う。
雪のように白いヤナギの塩焼きを、
なぜだろう、ふと食べたくなった。

実は仕込んでいたヤナギ(ヤナギムシガレイ)。


初雪にみたて勢いよく荒塩をまぶしておく。
塩がとけ、表面が水気で光り輝くのを待つ。


ただ待つだけではつまらない。
そんなとき頼りになるのはアマエビ(ホッコクアカエビ)だ。


う~ん、こりゃ塩辛だな。
剥き身に卵、あら塩、ミソを少々。
普通の味噌じゃなくて、エビ頭のミソね。


ここから手早くかき混ぜ、
冷蔵庫の奥にそっとしまっておく。


おもむろにエビの味噌汁も仕込んでおく。


おっと、ヤナギが焼けたよ。


いい瞬間だよなぁ。


身離れの良さに期待も高まる。


そうそう、これ忘れちゃいけないね。
米沢の酒。


旬を過ぎてもまだ旨いキュウリ。
ふるさと、北海道南部のガゴメ昆布でまぶす。


そうこうしているうちに、
やっぱりもう待てない、塩辛を取り出す。


あえて味については言及せず。
想像にお任せします。
(簡単だから作ってみて)


ちょいね、肉もいってみよ。
手羽先を大根で甘辛く。
(実はこれも仕込んでました。料理は手早く、これだな。)


強い酒を取り出す。
こってり、鶴岡は羽黒の酒。


む~。。。。この水は月山の伏流水。


技術大国日本。
日本酒、口に含むとそういう想いに。

だってさ、
何食っても、何呑んでもうまいんだよなぁ。
こんなのが普通にその辺で買える、
しかも気軽に、という事実。

昭和一桁の大恐慌。
東北の不景気は特にひどかったらしい。

当時の状況を示す有名な写真があって、
ぼろを着た子供が大根をかじっている(東北 飢饉 大根 で検索)。
今から80年ちょい前の話だ。
※その写真は演出された写真とのこと

こうやって、
ちょい甘口の酒に、甘辛くにた大根と手羽先を合わせる今、


大根の(かじったときの)白さと、


どこまでも柔らかい、


手羽先。(箸で挟むだけでほぐれる)


やはり感謝だな。

なんつーか、最近ちょっと傲慢になってたような気がする。
今日も職場、朝だけちょい顔出したんだけど、
少し若者に説教たれちゃってなぁ。
ちょいあとで考えたらさ、少々理不尽だったように思えてなぁ。
ま、日々反省だな。

そうこう云ってるまに、
できたぜ、エビの味噌汁。

なんつーか、何でもかんでも旨かった。
チョイよっぱらった。

さてさて寝るか。
明日はきっと晴れるだろう。





















  


2017年03月23日

メバルと春の庄内

何か月ぶりの投稿だろう。いや、何年振りか。
あれからいろいろあった。


最近は魚屋への朝もうでもご無沙汰だ。
朝から仕事に追われる世間一般の日常の、
そのありがたみに埋もれていく毎日だ。

久しぶりに例の酒屋に顔を出す。
おやじさんは相変わらず酒が好きそうで、
実にいい笑顔を見せてくれた。

あまり呑まないように努力している俺を、
体は大丈夫かい?と気遣ってくれるおやじさん。
雄町(酒米の一種)の酒を勧めてくれる。


麓井の酒。
子供に名付けたいほど麗しい名前。

おりがらみだからな。
シュワシュワするガスが、
抜けるための穴。


おもむろについでみる。
泡が見えるかい?


俺が知っている人生って何なんだろう。

歳をくうにつれて、
いったい何を学んでいるんだろう。

俺が住む庄内は、
まぁ日本各地でもそうなんだろうけど、
ここはここで実に興味深い土地だ。

北海道生まれの俺が、
さらに、庄内が嫌いだった俺が、
なんでこんなに長く庄内に住み続け、
抜け出したくて、抜け出したくて、
抜け出しても戻ってくる羽目になった俺が、
今では庄内がとてもとても好きになってしまった。

縁つうもんは不思議なもんだ。

庄内の魚はうまい。


由良の黒メバルを煮つけた。

アツアツだから湯気がね。


煮汁につけて。


本当にうまいもんだぜ。









  


Posted by 庄内じじい at 19:25Comments(2)クロメバル日々の肴

2016年02月10日

庄内の2月

去年の二月はどうだったっけ・・・?
つい先日、西山形のドメキ温泉にはいったけどさ。
なんつーかさぁ、疲れが湯に染み出ていく、そういうの実感できた。

浸透圧の関係で、そうさな、
しょっぱくつけた魚から塩抜きするときのような感じで、
からだから疲れが、特に両脚からぴゅーっと染み出していく疲れ。

いいよねぇ、この季節。
蔵王を湯船から眺めながら、
にんまりとしていたのは俺だけではあるまい。


冬と言えばやっぱりどんがらだ。
その艶めかしさに、思わず角度を変えて眺める。





これがこれからつるつると胃袋に入っていく。

思わず力が入る。


やはり杉勇だろう。


ま、この時期だからしぼりたてですよ。

ま、グラスは相変わらずだけど。

いやー、庄内産イワシの一夜干し。
余目の駅前で売ってたの、一パック8匹くらいはって130円。
もうけないんでないの、これ。


みれやこの脂!
杉勇が叫ぶ。


なんかさ、小出しにどんどんと出る、
きょうは冷蔵庫が調子がいいぜ。


これ、ゴマサバ。
サバは由良産。

寿司くいねぇ!


まずは、、
プロシュート(生ハム)。
うむ、
まずはそのまま、ついでオリーブで。
これ売れるんじゃなかね?


さっきのゴマサバのあまり。
うむ。相変わらず。

これはだな、
モツァレーラ。
醤油、オリーブ、そのまま。
どれもうめーな。


これは、プロシュート&モツァレーラ。
あー、回転ずしの人、これやってみてはどうでしょう。


次、パンチェッタ。
これは塩強いからそのまま。
へへへ、好きな人は好きだろうな。


おけーい、ラスト。
函館産サラミだ。


黒コショウでいただく。

きょうの俺は自由だ。






  


2015年12月17日

テナガダコ

おつまみ。
語感がなんともいえず良い。
(そうそう、コメントをくださる皆様、どうもありがとうございます。)


味噌のパックづめ商品には「みそ」とあるが、
なんで「つまみ」じゃないのかな。
やはり「おつまみ」がもつ独特な語感のせいか。

ちなみになんとテナガダコ。


学生時代、寮に住んでいた。
寮費は月に700円。
貧乏学生が300人くらいいただろうか。
巨大な廃墟のような建物。


共同生活は18歳の春にスタートした。
5畳、ほこりだらけ、リノリウムの床は剥げ、
窓枠だけの窓にどこかへ消えた入口の扉。



台風には風が吹き込み、
名古屋からきた同居人が「寒い、寒い」とつぶやいた寝言は、
秋の夜空に消えていった。



俵雪をのみすすめながら。
当時味もわからずのみ込んだ、
あの腐った畳のような、
あのはきっぱなしの靴下のような、
そんな安酒の匂いが妙に懐かしい。


ま、別にまた呑みたくはないがね。





  


Posted by 庄内じじい at 21:19Comments(0)日々の肴テナガダコ

2015年12月16日

タコぶつと米心

晩酌しながらキーボードをたたく中年の俺。
仕事に疲れて一人晩酌、パソコンに向き合う。
絵に描いたような中年の夜なんだけど、
こういうの想像してなかったなぁ、子供の頃。

子供の頃の俺は草木や家並み、
そのへんの昆虫や魚が大好きな、
まぁいわゆる普通の田舎の少年だった。

そんなときにすげー見たかったのがこれだ。


わかるかな?

モズのはやにえ。


中年になってからようやく見つけた。
去年も同じ場所で。

見つけたとき、
少年のような声だしたよ、
思わず。

あの時の少年が今、
中年のとして喜びの声を上げる。

それがこれだ。


今日の晩酌セット。

ま、庄内魚ブログだからね、
庄内産マダコのタコぶつ(タコのぶつ切り)。


これはね、ていねいに塩もみ、
1時間近く手もみしたかな。

そんでこれ。
この前の湯田川に触発されて、
自分でつくったでぇ。今日で三日目、
ちょうどよい色合い(もちろん庄内産の赤カブ)。


これ、里いもと大根の煮物。
(里いもは岡山、大根は庄内、鶏肉も庄内)


これも湯田川系。
スナギモのオリーブ黒コショウ。
薄皮の処理を丁寧にすると、
かなり旨い食材だな。
もちろん庄内産だ。


う~ん。
今日はなんだか会議長引くし、
他にも若手指導で説教するしよ。
俺なんかほら、誰かを指導するような人生歩んでこなかったもんだから、
ほんとなぁ悩むこと多いよ。


ま、そんな中年の心に響くぜ、
米心。



  


Posted by 庄内じじい at 20:17Comments(1)マダコ日々の肴

2015年12月11日

ヤナギの夜

ヤナギ干物

発酵(熟成)が若干進みすぎた感のある今回のヤナギの干物。
温海の魚屋さんが売っている。


それにしても干物はどこか懐かしい、
これはどの魚にもいえる味の記憶だ。

北海道の干物といえばホッケだろうか。
ここ庄内ではどうだろう。
カレイは一般的だけど、
その中でもヤナギが一番という人は少なくないだろう。

ここでカボスをギュッとしぼる。
(今回は熟したカボス、ゴールデンカボスを使用)


いわゆる人気ガレイの口細よりも、
日本海の貴婦人ともいえるこのヤナギに魅了されている。

えぇなぁ。


熟成された干物がもつ独特な食感。


良く締まり透明がかった白身は、


身離れもきれいで、
あとは食べられるのをその手ひらで待っている。


ここで酒を用意していなかったことに気付く。
あせるなよ。落ち着いて考えるんだ。冷めるにはまだ時間がある。
無意識のうちに声に出しているのに気づき、
焦りはマックスに達する。


大丈夫だ。
あの酒屋の店主が言っていたあの酒、
「うちの母さん、めったに酒ほめないっけのに、これだけは旨いっていうなんけぇ」

やまと桜。
今回は米心(ちなみにほめてたのは別の商品)。


まあぁとにかく、
最近好きな蔵だ。



  


2015年12月10日

師走の湯田川で

鶴岡に住んでいて幸せにおもうとき。

主婦の店の半額が思いのほかグレードが高かったとき。

紙袋から流れる、
あのコロッケ屋の揚げたてのカサカサをBGMに、
家に買ってから食べるか、
それとも・・・迷った挙句食べると決めたとき。

その一口目。

等々、まぁいろいろあるわけですが、
温泉もその一つ。

ちょいドライブがてらだったら、
羽根沢なんか最高。

真冬に旅館に閉じこもって、
あの石油くさい湯けむりで鼻孔を満たしたい。

連泊、少なくても2泊はしたほうがいい。

ま、ま、ま、それはさておき、
近場でも最高なんだよね。


どこもいいんだけど、
湯田川が車で15分くらいと近いからね、
良く行きます。

まず、地酒飲み比べセットを頼みます。
全部で3合ちょい。
※若旦那セレクト。ホント勉強になります。
※ホント美味しいのばかり。山形すげーな、幸せな気分に。



酒肴セットも頼みます。


説明書きをみながら、
順番に試します。


ちょいちょい食べながらね。

海があれてたからね、
魚介中心のメニューではない模様。

でも、うめーかった。

飛島の塩辛。
大根と合わせると一気に昇華する旨み。


ままかりのようだけど、
説明書きどっかいった。
うまうま。


山形地鶏シリーズ。

まずは、ハツ。
優しい。滋味。
汁だけでも酒のつまみ。


スナギモ。
バジルがあうわぁ。。。


レバー。


スゴイ色だなぁ。
冬という季節も、
実に色とりどり。


2点盛。
いい刺身です。
タイヒラメ。


ちびりちびりと、
酒で口をすすぎながら、


味の確認作業。


これぞ至福。













  


Posted by 庄内じじい at 20:27Comments(1)日々の肴

2015年12月06日

庄内のガザミ

最近食べたのはいつかなぁワタリガニ。
10月だったかな。まだ紅葉に色づく月山が楽しめたとき。


まずは上級者向けの日本酒をロックにしてと。
うむ、やまぶき色だ。


さて、やはり蒸していただく。


街中でぷらぷら。
特に目的地をもたず、
風の匂いを楽しんでいるとき。

夕暮れ過ぎに
裏通り沿いの住宅地、
懐かしい匂いにであうことがままある。


そんな時、
故郷の記憶にあるあの料理の匂いだったりすると、
なお嬉しいものだ。

幼児の記憶は今も匂いたつようで、
あれからウン十年もたったなんて、
白髪やシミの数を数えてもどうもなぁ。

ま、あれだよね、
ワタリガニってクリーミーだ。


これね、
ズワイ、毛ガニとはまた別物の旨さで、
好きな人はこれじゃないとダメかも。


この夏に広島、
何の気なしにはいった居酒屋でくったワタリもうめかったなぁ。
もっとも泥酔したんで殆ど残しちゃったけど。
隣に座ったどこかのスナックのママさんが、
「あんれ、もったいないこと」とか言ってたっけ。

う~む。。。。


地球ってスゲェよなぁ。

こういうの食べれるって、
本当にありがたい。

魚屋ありがとう。
給料ありがとう。
健康ありがとう。
鶴岡ありがとう。
あの人もこの人もありがとう。

って、酔っぱらってると思うけど、
明日の朝になると仕事めんどくせーと思うんだべなぁ。

おやすみ。




  


Posted by 庄内じじい at 21:00Comments(0)ワタリガニ

2015年12月04日

クロムツ

初夏のことです。
それは見事なクロムツに出会ったのは。


ムツって日本海じゃ側じゃなじみが薄いけど、
それでもときに立派な個体にお目にかかるんだよなぁ。


すんばらしい。

義理のばあさんは云う。
じいさん(義理)が戦争にでかけたとき。
そうあれは赤紙がきたときのこと。


じいさんは近所さんと縁側で将棋。

婆さんは赤紙を持っていった。
齢20のとき。


子供が生まれてすぐのこと。
そのまま爺さんは戦争へ。

無理だよな。
そんな現実、受け入れれないよ。

都合8年、
爺さんは不在。


シベリア抑留を経て、
日本へ生還。

その間、安否は知る由もなく。

ただ帰還直前に、
新聞の生還者リストに爺さんの名前がのったと、
近所の小学生が朝学校に行く途中知らせてくれた。

それはそれは嬉しかったそうだ。

蔵王連峰の眼前でのこと。

ま、とにかく新鮮だ。


ま、とにかく脂のってるね。

はくろすいしゅです。


ま、うまいわな。


明日は土曜日か。

刺身。


まぁ当然うまい。

寿司、
まぁ当然だわな。

今日は戦争の話したけどさ、
庄内にも、もちろんあるよ。

結婚は見合い、
場所は余目駅、
時間はほぼ一瞬。

タイミングとしては、
戦地に召集される途中。

その一瞬の結婚を、
あたため、
そだて、
そしてもう二度々祖国の土を踏むこともなく。

わからないな。
生きているこの今。
いったい何が決めているの?

みんなにとって幸せな明日がありますよう。

月曜は職場のみんなに冗談の一つでも言おう。










  


Posted by 庄内じじい at 22:40Comments(0)クロムツ日々の肴

2015年12月03日

アカラと香箱

庄内では香箱って呼び方は全く一般的ではないのですが、
まさにぴったりの名前だなぁと感じます。

いわゆる能登の響きでメスのズワイガニのこと。

仕事帰りによった主婦の店、
いいの手に入ったよぉ。


「うむ、お吸い物にはしません」


などど、鶏レバーの煮込みと、、


さらに、常温で自家熟成した俵雪をいただきながら。


ぱっと処理したのはアカラ。


焼いてから醤油ダレに軽く漬け込みました。


香箱、、、まさにその名の通り。


内子とミソ。。。
いや~お買い得だったな。


で、これぞ大人の宝石箱。


・・・と、夜が更けたところで、
〆の一品を準備します。


ニンニクでしょう。


生姜でしょう。


それを最後にドバっと投入。


まぁやはり道産子だからね。


楽しみだなぁ。


汁の準備もできました。


はい、しょっつる塩ラーメンの完成、
う~んしょっつる臭がスゴイ!!
ゴマはたっぷりとどうぞ。








  


2015年11月16日

ウッカリカサゴ

一か月以上前(9月28日)の記録です。


いつもの魚屋の店頭で立派なウッカリカサゴを見つける。
ちゃっちゃと下ごしらえ。

ワタリガニが餌か。


餌がいいからきっとウマイでしょう。
(ワタリガニのうまさにはいつも驚かされます)

んとー今回は・・・


杉勇で。


まぁ迷わずにコレです。


クピリと一口、
料理を続けます。


するとどうでしょう、
こんなのできましたよ。


いや~、カサゴってさ、
米にあうんだわ。あんまり主張してこないけど、
旨みがじんわり。

米と言えば、そうだな。
このビール。


余目のうめかわ酒店でプロデュースしたんだって。

なんかいいよね。
余目の田んぼ上空の月。


これはローストした米ぬかかな?


部下の失敗や過ちを許すのではなく。
・・・・
・・

忘れろ。

最近読んでる本の内容。

これを意識して実践すると、
なんだか気持ちが楽になる。

許そう、諭そう、教育しよう、と考えると、
なぜ失敗したのか?その背景は何か?
許す基準は何か?
考えは尽きないし、結論が出ても、
また考えてしまう。

でも、忘れることでなんだかんだと、
まぁ結局はいい方向にいくようだ。


うむ、グイっといってくれ。
丁寧にそそいだよ。


うむ、美味美味。
庄内に住む幸せを心行くまで味わうがいい。

へ?
つまみ?

あ、これどうぞ。
ちょい甘辛です。




















  


Posted by 庄内じじい at 20:37Comments(1)ウッカリカサゴ日々の肴寿司

2015年11月15日

ヤリイカと酒

スーパーで見かけた魚を何気なく買う。
まぁ魚じゃなくてイカだけど。


しかもヤリイカだけど。

小ぶりだけど、
やはり刺身だよなぁ、
なんたってヤリイカだから。


でも、メインはオリーブオイルでグリルだよなぁ。


だって、白ワだから。


あ、とにかく安いのにそれなりに旨い。


調子づいてこんなものもオリーブで。


フタをして待つ。


その隙に準備していたモツ煮。


迎え撃つは、、、、、


ちょい高級すぎるかな。
こりゃぁ・・・


言葉が出ない。

蔵元が持つ技術を総動員したらしい。

今日は月山道を往復した。

あらゆる美しさを盛り込んだようなあの紅葉はすでになく、
冬直前の暗い色合いだ。
真っ白になるまでもう少しだ。

庄内の冬は厳しいけど、
ときにハっとする美しさに心がほころぶ。

これからは寒ダラの季節。
楽チミ。。


おっと、こんなものをいただく。
これ山形の居酒屋でいただいてから好きになってる。
アボカド塩昆布だ。


おっと、ちょうどできたよこれ。
(モツオリーブグリルニンニク&6年熟成八森産しょっつる風味だ!!)


別な酒もあるんすよ。


う~む。。。
いうことないね。
20年熟成なのにひね香が少なく、
酸味があいまってちょうどイイゼ~!
と3杯位立て続けにいただく、
そういうお酒。

うむ、日々感謝です。

ありがとう俺。
ありがとうあなた。
ありがとう君。












  


Posted by 庄内じじい at 19:31Comments(2)ヤリイカ日々の肴

2015年10月27日

アジ酢じめ

今朝は5時半かな、藍色の月山から向かって左側に。
あの色はなんて表現したらいいのだろう。

彼岸花だろうか。

こういう色合いが自然界にあったのかと、
まぁこの歳になってもあれだね、
知らないこと沢山あるんだね。

あの色、なんか見たことがあるなぁとね。
アジの酢締めかもしれない。

仕事の忙しさのせいにして、
魚屋めぐりをちょいさぼっていたこの頃。

久々(といっても一週間ぶり)に顔出すと、
いい魚そろってるよねぇ。

でもまぁ今日はアジですよ。


完璧な仕上がりの酢締め。


今日は昼休みもとらず、
朝からぶっ通しで働いたからね、
午後3時から準備しました。

で、いただきます。


いただきながら書いてます。
(今夜は奈良のお酒)

大根もうまいなぁ。


うむ、良くしみてるよ。

なんだか煙が目に染みる。



  


Posted by 庄内じじい at 19:22Comments(1)マアジ

2015年10月22日

エンショウガレイ

活締めのヒラメはどうやっても旨い。
しかも安い(庄内では)。

よって、
「旨い刺身くいたいならとにかくヒラメかえばいいのだ」と
重々承知なんだけどいろいろ試したくなる。

というのも、
ヒラメ以外にもやっぱり旨い魚があるから。
例えばマコガレイ(庄内ではエンショウ:円正ガレイ)だ。


みるからに旨い。


杉勇の辛口を用意した。


とにかく杉勇、とは
思わないようにしている。


特に出張先では県外東北外のお酒を
積極的に試すようにしている。
(でも今日は杉勇ね)

ま、純米ですよ。


ぷ~ん、ですよ。


で、大根ですよ。


ちょい試飲ですよ。


そしてネギ。


そういえば先日、
山形のドメキ(百目鬼)温泉にいた少年は、
まるで青ネギのようにイキイキしていたな。

で、カボスですよ。
カボスはかかせない。万能。


そしてこれね。
マコガレイの皮を湯引きして冷やしてるところ。


うむ。


ふ~・・・・。


これはエンガワ。


いうことないですよ。

脂がのってるのだけど、
キレが素晴らしい。


コリコリから旨みじんわりとほとばしり、
ワンテンポおくれて濃厚さが突き上げ、
サーっときれていく。

杉勇で後を追う。


「・・・うめぇ」

寿司くお。


いや~・・・・
塩だけでOK。
ちょいカボスで風味づけして。


ついでに北海道のユリ根。


まいったな、
なんでこんなに旨いんだろう。

なんつーかさ、
いい歳だからかもしれんけども、
もうこれだけで至福でさ。
とにかく満足しちゃうんだよね。

ま、これがあるからこそ、
明日の仕事も旨いはず。




  


Posted by 庄内じじい at 20:23Comments(0)マコガレイ

2015年10月03日

茶テンコと酒

今年の7月。

いい酒が手に入った。


庄内町の酒だ。

原酒バージョンは特別。


なじみの酒屋は云った。
「うちの母ちゃん、めったに酒ほめないんだけど、この酒は違う。
あぁ~久しぶりに本当に酒らしい酒だ、だってさ。」

おもむろに注いでみる。


しばらく対話を試みる。

まるで若鮎のように爽やかですね。
何かお好きでしょう?
香は穏やかなんですね、意外だなぁ。
今日の夕焼けは見ましたか?


よし、肴は茶テンコ(茶メバル)に決定だ。


まぁ大吟醸だからね、
刺身でしょう、とりあえず。


美しい、あぁ美しい。


わさびちょこんと。


醤油ってこんな色だっけ?


まってろよ酒ちゃん。


あぁ、お待たせしました。


とまぁ、こうですよ。

あ、煮つけにもしましたっけ、
味?


よく覚えちゃいねーな、
とにかくうめ~んだ!






  


Posted by 庄内じじい at 21:08Comments(0)茶テンコ

2015年10月02日

スルメイカ料理

今夜の肴に迷ったときはイカに限る。


夏の香りがするスルメイカ。

どうみてもやはりスルメイカだ。


ピーマンが食べたい年ごろには、
やはりこれ。


さくっと処理して、
少々手荒にフライパンで炒める。


水戸泉の撒く塩も、
確かこんな感じだった。
これは味噌だけど。


無造作に勢いよく皿に。
今夜はそういう気分である。


イカには緑が、じつに良く似合う。


ちなみに今回撒いた味噌。


変わった味噌でしょう?


南国の香りを食卓に。


迎え撃つには強い酒が必要だろう。


そこで山おろしだ。

キモト・・・ゾクゾクする。


しかも原酒だってよ?


もちろんこの酒、そう、



いいよなぁ、杉勇って。


どこまでも山形だ。


もちろんグラスも山形だ。


この酒、なんにでもアウわ。
ラーメンやアイスでも、、、、アイスはダメかもな。











  


Posted by 庄内じじい at 21:50Comments(0)スルメイカ

2015年09月19日

初夏の名残アジ

ブログを更新してないから元気が無いとか、
そんなことは全くなくて。

ただそれは、
日々サマヨイ、人生を旅している我々にとって、
まぁ風の吹き方が変わったとか、
それだけのことなんです。

いわゆるそういう気分の今夜は筆をとります。

新鮮なアジはついつい手に取ってしまう。
このアジもそう。


もしかすると、
いろんな意味で一番の魚じゃないだろうか。


塩はキツメにね。

まぁいわゆる〆アジなんだけど、
これが素晴らしい。


ま、これは普通にワサビで。
ま、普通にとてつもなく旨い。
これだけ食べてても一年飽きないんじゃないかな。

しかし、今回は白ワが飲みたいんです。


そこで・・・


オリーブ。

ついでにサイドメニュー。
庄内豚レバーと甘トウガラシのニンニク風味塩ソテー。


今日は酒田に行った。
大好きな清水屋があるから。

鶴岡にも大好きなIKEDAがあるけど、
今日は清水屋。

酒は杉勇。

顔をふせて向かい風をやりすごして。


ふと見上げると、
月明かりにうかぶ艶めいた月山。

そんな光景を思い出しながら一杯。















  


Posted by 庄内じじい at 20:17Comments(0)マアジ

2015年09月10日

庄内のタチウオ

関西ではタチウオを良く食べるそうだけど、
庄内では滅多に見ない魚だ。

地球温暖化のせいだろうか、
それでもたまに浜に揚がる。

7月22日、
ふと立ち寄った魚屋に見慣れない魚が・・・タチウオだった。
60cmほどある。

先日、淡路に住む叔父が言っていたっけ。
タチウオのサイズは指何本かで表現すると。
指3本(の幅広さ)より小さいものは、
持ち帰らずに逃がすそうだ。
今回のは指3.5本くらいかな。

ネットで調べると、
刺身は皮つきにするらしい。


切れ込みをいれる。


塩焼きにもするか。


最近仕事で若者を厳しくしごくことが多い。
それはそれで精神力も使うし、まぁ疲れる。
いったいなんのために?


それが仕事でもあるんだがなぁ、
でも、それを超えてるような。
厳しいから怖がられるし、
なんだか損だな。


男子、40にして悩まず、というけれど、
もうとっくに超えてるのになぁ。


うむ、
こりゃ迷わずに、
はっきりと旨いよなぁ。






  


Posted by 庄内じじい at 21:00Comments(1)タチウオ

2015年08月21日

ダイバガレイ

一番好きな魚はなんだって?

うむ、イワシ。
先日は出張で広島。
何の気なしにはいった居酒屋、
小イワシ(ウルメイワシかな)の刺身、
塩焼き、とにかく最高に美味かった。

庄内じゃほとんど売ってないんだよなぁ。
ここの魚大好きだけど、
この点が少々残念。

あ、でもね、
匹敵するくらい美味い魚いっぱいあるよ。
例えばこれね、
ダイバ。


これは最上級のダイバだ。
身の厚さに唸る。


この虫食い模様の鮮やかさよ。
よだれでるぜ。

ダイバと言えば塩焼きだ。
水っぽいから塩はきつめ、
長めに。軽く干す。
完璧な仕上がりだ。


すごい。


明らかに旨い匂いだ。
この時点でソレは確信に変わる。

緊張の一瞬。
ここでつまづいてはいけない。


間違ってないか?
確認する。


うむ、この選択で正しい。


すでにこの酒を用意している。


この写真の後、
強烈なうまみ、香ばしさに感激する。


味覚を清める。


この作業を繰り返す幸せを、
みなさんもどうぞ。


庄内良いとこ一度はおいで。



  


Posted by 庄内じじい at 19:10Comments(1)ダイバ(ムシガレイ)

2015年08月20日

庄内の味

庄内にも秋の気配だ。
高くなった空に、
ずいぶんと弱くなったセミの声が消えていく。

今日は朝からアジだと決めていた。


500円。

秋空がここにも。


さて、今日は何にするかというと・・・


ま、とにかく調理開始。


あっさりとここまで。


で、ネギを用意。


生姜も。


細かく。


で、麦みそだ。


そう、なめろうです。



酒どうすっかな。。。


やっぱ冷酒。


とくれば、これね。


並々と。


う~ん、
すまんけど700円はもらいたいね。


どうぞめしあがれ。


  


Posted by 庄内じじい at 21:50Comments(0)マアジ