スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2015年12月03日

アカラと香箱

庄内では香箱って呼び方は全く一般的ではないのですが、
まさにぴったりの名前だなぁと感じます。

いわゆる能登の響きでメスのズワイガニのこと。

仕事帰りによった主婦の店、
いいの手に入ったよぉ。


「うむ、お吸い物にはしません」


などど、鶏レバーの煮込みと、、


さらに、常温で自家熟成した俵雪をいただきながら。


ぱっと処理したのはアカラ。


焼いてから醤油ダレに軽く漬け込みました。


香箱、、、まさにその名の通り。


内子とミソ。。。
いや~お買い得だったな。


で、これぞ大人の宝石箱。


・・・と、夜が更けたところで、
〆の一品を準備します。


ニンニクでしょう。


生姜でしょう。


それを最後にドバっと投入。


まぁやはり道産子だからね。


楽しみだなぁ。


汁の準備もできました。


はい、しょっつる塩ラーメンの完成、
う~んしょっつる臭がスゴイ!!
ゴマはたっぷりとどうぞ。








  


2015年02月06日

香箱

毎年、楽しみにしている冬の味覚がある。
香箱ガニだ。
庄内では特にブランド化してないので、
メガニ(ズワイガニのメス)として売られている。
味噌汁にするらしいんだけど、
これがうめーんだ。


メガニを食べたことが無い人にとっては、
「なんだ、小さいカニだな」くらいの印象ですよね。
でも、一度食べると虜です。

最近思うことは、人のありがたみだ。
毎年この時期は大変に忙しいんだけど(仕事がね)、
今年の忙しさは例年の倍くらいだ。

子供の頃から喧嘩っ早い性格なものだから
(まさに三つ子の魂百までも)、
人付き合いめんどくせーとか思いながら暮らしてきたけど。。

でもなぁ、
忙しいとわかるわ、
人のありがたみが。
こんな日は良くわかる、
熱燗のうまさが。

といいつつ、
結局飲んでるのは冷酒、
やっぱり大好き三十六人衆。
う~ん、安定のうまさ。


さて、大人の宝箱の時間です。


あなたならどっちを選びますか?
うんと、僕は右側をいただきます。



すげぇよ、全く。
100円くらいでこの旨さ。
これが海のすごさです。
大切にしましょう。
この素晴らしさ、
私たちの子孫に残すためにも。







  


2013年03月10日

吉田類とメガニ

いや~今朝は嵐です。

気温はそんなに低くはない、
でも窓をたたく雨風は冷たそうで、
もう朝9時なのに薄暗い空。

少々気が滅入りそうになります。

嵐かぁ
→船はでないなぁ
→明日は地魚売ってないね・・・

こういう思考です、毎日。


さて、
ここ最近、吉田類さんの番組を良く見ます。

居酒屋放浪記。
居酒屋の実食レポート番組です。

晩酌しながら観ると、
すごく楽しいの。

おもに関東の居酒屋の紹介がメインですが、
ときどき旅にでて、北は北海道稚内でしょ、
南はどこかな?

私も出張先で居酒屋に行きます。
出張しても、強く記憶に残るのは居酒屋のこと、
思い出すと楽しい。

そんな楽しい気分のみ味わえる番組です。

(Youtubeで検索すると沢山でます。おススメ。)


先日も晩酌しながら観ていたら、



吉田さんは富山だったかな、
ふらり立ち寄った居酒屋で、
常連のおススメで香箱を注文。



あ、香箱だから石川かもね。

(香箱とはズワイガニのメスのこと)

これは全くの偶然ですが、
この日、冷蔵庫にメガニが。



これから蒸して、
冷凍庫で急冷、あくまでも冷やすだけ。
凍らせちゃダメよ。



と、ここまで処理して、
冷蔵庫に入れてたんですね。

すぐ台所で食べる準備を開始。

内子の入りも素晴らしく、
テレビよりも美味しそうな盛りに!





内子、味噌、身と一緒につまむ吉田さんと、



画面のこっち側に同じことをする私です。



なんか楽しかったな、ハハハ。


庄内の片隅で、
こんなことをしてほくそ笑んでいる。

来週も、来年も、
この先ずっと、

こんなことでほくそ笑んでいきたいものです。


  


Posted by 庄内じじい at 09:37Comments(0)ズワイガニ(メガニ:メス)

2013年02月05日

メガニ食べよ

そろそろカニが食べたくなってきたなぁ・・・
と思っていたら、

素敵なメガニ売ってましたので、
早速購入、楽しみ。



二匹でこの重さ。



迷ったんですが、
やっぱり蒸していただきます。



この鮮やかな朱色がうちこ(内子)、
ミソもたっぷりです。



メガニの身は、
とても繊細な味。



みそ、うちこ、身を一緒にいただく。



美味しくいただきました。
ごちそうさま。

  


Posted by 庄内じじい at 22:15Comments(2)ズワイガニ(メガニ:メス)

2013年01月08日

メガニ食ったど~!:蒸し

メガニは蒸していただきました。20分。

湯気湯気、この後タオルをかけて屋外で冷やします。



ちなみに蒸し方ですが、
これで20分、蓋の片隅にティッシュを挟んでいるのがポイント!


どーん!



どーん!



評価:蒸しメガニ
味=5++


カニの濃厚さ限りなし!
ただし、尾を引かない上品さを兼ね備える、
まさに最高、至高の一品。

まぁとにかく、
旨さに一片のくもりなし。
ただし、1~2匹で十分、旨すぎるので。
食べ過ぎると満足のリミットを超える。

満足の向こう側が気になる人には3匹以上。

なんでもそうですが、鮮度が大事です。

メガニ3カ条

・新鮮なものを買うこと
・買ったらすぐに蒸すこと
・蒸したらその日に食べること

  


Posted by 庄内じじい at 08:25Comments(0)ズワイガニ(メガニ:メス)

2013年01月07日

メガニ

さーて、次回の食材は・・・・



立派なメガニが手に入りました。
透明感のある桜色、新鮮な証拠。

メガニはズワイガニの雌です。

津和井蟹と書いてズワイガニ。

英名はSnow crab・・・・・雪ガニ。。。素敵ですね。

学名はChionoecetes opilio

チオノエセテス オピリオ

ちなみに以前、石川のお寿司屋さんから通販でかったときは、
香箱(こうばこ)と呼んでました。

香箱。。。さて、どんなかほりがするのでしょうか・・・・。



  


Posted by 庄内じじい at 21:00Comments(0)ズワイガニ(メガニ:メス)