スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2014年12月30日

寒ダラ5800

今朝は行きましたよ、魚屋さん。

タコ買って茹でて、近所さんにおすそ分け。
まぁほら、年末だからさ。ちょい処理に塩が多かったようで、
ややしょっぱめ。

またとにかく、昨日の言った通り、今日は寒ダラを入手。


いやー1年ぶりだね、5800円。


でかい・・・。


マダラには紫に光るのです。


イテ!


う~ん、ついうっかり。
マダラを持つときはエラのところ掴むこと。
歯が結構鋭いから危ないよ。


で、これですよ。余裕で1kg越え。
こんなん食いきれないよ当然。
ん~とね、明日は大晦日だからさ、
白子を皆にごちそうしようとおもって。


で、今日は自分でいただく。
ぱっと処理してこの状態に。


そしてササっと盛り付ける、
まずは酢醤油だ。


そうさな、今日も山廃か、と悩んだけど、
白子だからなぁ、

というわけで、生もと造り、
われらの初孫、しかも雄町です。
うめ~んだ、これがぁ!


じんわりとした米の旨みだからね、
きっと白子とうまくやってくれるハズ・・・・

さ~て、いただきますか!


(今後は塩ふってカボスの予定です)



  


Posted by 庄内じじい at 19:07Comments(0)マダラ

2014年12月29日

エビとイカと私

部屋とYシャツと私。

今日は職場が休みだったせいで、ついつい怠けてしまい、
全く仕事をしない一日を過ごしてしまった・・・イカんなぁ。

魚屋に顔を出すのもおっくうなんで、
昼過ぎにスーパーに。年末だからね、
どこも混んでる、混んでる。

エビを買った。
いわゆる甘海老の小さいのと、
ガサエビ、さらには黒エビが紛れ込む。


微妙な大きさ加減。もうちょい小さかったら天ぷら、
逆に大きかったら刺身、、、まぁ久々に・・・


天ぷら!
北海道の小麦粉を使うべ。





揚げてる間にビールを準備する。


おっと、知らぬ間に飲んでしまった・・・。


う~ん、油を変えなかったので、、、
ちょい見た目がアレですけど、、
味は旨いです。ホクホク。



イカもいただく。


まぁあれですよ、
めんどーだから、これね。
酒、みりん、味噌、イカ、イカワタ、
これを全部いれる。


頃合いを見計らって混ぜ、


ネギ投入、


軽く混ぜで、


フタをする。。。


こりゃたまらんで~。


迎え撃つは、今夜もやっぱり加賀百万石。


山廃にしては非常にスッキリ。
旨みは濃い。旨辛かな。



と、ここまでついさっき撮影。

今は美味しくいただきながら。

いや~贅沢!ささやかだけど贅沢!
かみしめると、じんわり~と旨みがあふれ出る。

というか安すぎるな、イカ。三匹で400円しなかったからさ、
今食べてるの130円ちょい、、、それでこんなに。

味噌は手前味噌ですまんですが、自家製の自慢できる本当に旨い麦味噌。
麦のこってり具合が、味の濃いイカと対等にわたりあってる。
味醂もうめぇし、料理酒も最高!
ネギは庄内だし、イカも庄内、、酒は庄内じゃないけど、日本海、

なんつーかさ、なんつーかそれだけだけど、幸せだよ。

とまぁ、そういう日でした、今日は。

そうそう、魚屋さんから携帯に電話きててなぁ、
タコが入荷したそうだから、予約しておいた。
こういうの、本当にありがたいよね。

よ~し、地浜のマダコをふんだんに使った、贅沢なタコ焼きくうでぇ!
ついでに、地浜のタラ、入ってきたっていうからこれも注文。
一足先に寒ダラ汁いただくでぇ!!









  


Posted by 庄内じじい at 20:44Comments(0)日々の肴

2014年12月25日

栗酢鱒

世間はクリスマスだったけども、
なんもしなかった。

最近は職場と家の往復だけの毎日。
しかも昨日は熱でだるかったからさ、
すぐに寝た。
意識せずに思考から消えていたクリスマス。
こんなの初めて。よっぽど忙しいんだな。

まぁでも良く寝たからね、
今夜は調子が良い。で、さっきまで仕事してた、、、けども、
ついつい晩酌。

それにしても静かな、
時おり風に何かがたなびく音がするだけの、
そんなクリスマス。

冷蔵庫にあるのは・・・、
う~ん、今夜はアレをいただく。


あては干物にする。

待つ時間はコレ、
定番のスルメ麹漬けだ。
(これねぇ、ホントいいよ。)


アマダイはさ、
味わいが加賀っぽいよな、
単なるイメージだけど。


その点、アカラは庄内っぽい。
ま、どちらも旨い魚だ。




あぁ、ウマウマ・・・。



う~ん、明日は山形に出張。。

なんだろうな、なんか忙しすぎないか?
世間のみんなはどうなんだろう?
自分だけが忙しすぎるのではないか、
そんなことを思いつつ、

まぁそうだな、
ハハハ、世間に乾杯。


  


Posted by 庄内じじい at 23:07Comments(0)日々の肴

2014年12月23日

産直のコハダ

今日は火曜だけどさ、祝日だからこんな時間にブログを書く。
しかもだ、すでに鯉川と菊姫にやられてしまった。

最近は山廃だなんだって、ついつい県外のお酒に心奪われていたけれど、
なんだかんだと鯉川は旨い。鯉川のある余目は基本的に好きな土地だ。
いつか住んでみたいと思うこともあるし、
酒屋うめかわには良く出かける。

うめかわは戦前ぐらいまで(だったかな?)、
蔵元だったらしい。今は、当時の蔵を貯蔵に利用して、
美味しくお酒を販売されている。山形のお酒の知識の多くは、
うめかわの当主、当主のお父さんから得たものだ。
好きな酒屋だ。

きっと日本、世界各地、過去から未来、どこへ行っても、
こういうプロたちがどこかにいて、
そして自分のような人たちもいて、
綿々とした何かが延々と続いてきたし、
これからも続いていくのだろう、と思うと、
ただ酔っぱらってるからこういう意識にあるとは思えないほど、
じんわりとした感動に満たされる。

コハダといえば江戸前だよね。


でも庄内産もあるんだ~!と、
いつも思うのよ、我が家から遠いこの産直に行くと。
これ庄内産よ。


ちなみにこれ食べたのちょい前ね。
今日はさ、
ミミイカの煮つけ、アカラの醤油干し(もちろん自家製、全て地浜)、
いまのところこんな感じだ。

お酒は、そうさなぁ、もうちょい菊姫山廃無濾過原酒いくかな。
でも、その後は庄内の銘酒、楯野川の主流あけるかもな。
(まぁそれはさておき)

このコハダの押しずし、
時々売ってるからお試しあれ。
ちょい大きいかな(元の魚のサイズが)という印象もあるけど、
でも庄内産、ということを考えると、
十分に満足以上の価格。


細工もしてあるし、
旨いよ。酢の効きがちょうどよい。
庄内万歳。


それにしても、
庄内に縁もゆかりも無かった俺が、
こうやって庄内に根付いていく。

父方の先祖は南部から、
母方の先祖は近江から、
それぞれ北海道に移住したのだ。

そして子孫の自分は、
北海道から、まぁ紆余曲折はあったけれど、
山形県は庄内に、思えば遠くへ来たもんだ、というわけだ。

人間ちゅーもんは、
面白いもんさね。

みなさん、
面白い祝日を過ごしましょう。








  


Posted by 庄内じじい at 15:28Comments(0)コハダ

2014年12月21日

アンダマ~菊姫

今日はあん玉を食べてたら、
知らぬ間に菊姫をたしなんでいた、
そういう日曜日でした。

朝から雪の鶴岡。
外に出るのもおっくうだったので、
日がな一日のんびりダラダラ過ごしました。

昼にはタコ焼きを食べ、
さて、三時のおやつは・・・タコ焼きつながりで
アンダマかな?



旨いのなんの。
主婦の店で買うと結構する、アンダマ。
自家製だとついつい食べ過ぎちゃう。
焼き立てはウメーど。


あぁ満足。
今度はしょっぱいもんが食べたい。

で、一夜干しだ。


生姜醤油がうまい!


酸っぱいもの、食いたい。
温海カブ食おう。



なんか、ちょい香ばしいもの。
やはり、
ガサエビの塩焼き。





主婦の店で昨日買ったのです。
グラム390円。海が荒れ気味なので、やっぱり高い。
クロザコだけしっかり選んできました。

さてさて、ここまでくると、
やはり山廃か。



菊姫は旨い。
加賀は、絢爛豪奢、冬の日本海にキラリの艶やかさです。

おや・・・・?
どこかから八森の唄が聞こえる、

やっぱりこれだ、
ハタハタの塩焼き。
うまいのう。。。



じんわりと染み出る旨み。
大根おろしは、当然だけど、
もちろんすりたてだ。

まいったなぁ、
明日は仕事なのに、
ついつい盃を重ねてしまった、

思い出すなぁ、ふと。
父方のおばあちゃんが言ってた。

病院にお見舞いに行ったときのこと、
当時の自分はまだ先行きがわからず、
とりあえず生き物の勉強をしていた。

おばあちゃんは言う。
「生き物の勉強だなんて、いいねぇ。
私もそういうのしたかったわぁ・・。」

あれから何年たったのかな。
今夜は神棚に手を合わせて寝るかな。

というわけで、
みなさん良いお年を。
明日仕事めんどくさいなー、ハハハ。

  


Posted by 庄内じじい at 21:12Comments(0)日々の肴

2014年12月09日

今夜も山廃

どうにもとまらない。

何がって?

そりゃ~山廃ですよ。

菊姫は山廃で有名、どれも旨いけども、
この菊姫(生原酒)は凄いな。
冷酒でも燗でも、それぞれ特徴があって、とにかくシビレル、ぜ。

今日は今朝から何だかやる気が出なくてね。
それで、まぁ滅多にとることの無い有給が、
まぁとれる状況だったので、思い切って休んでみた。

庄内の天気はぐずついていて、
晴れたり曇ったり、雪が降ったり。

いろいろ考え事もした。

或る番組で対馬を紹介していた。
以前は漁業で栄えていた。
でも、近年はめっきり。それで、
韓国からの観光客に頼らざるを得ない、
そういう街に変わっていく。

観光も良いけどさ。
ただ、少し気になることもある。
観光客のニーズに合わせて、
街が変わっていくから。

その変化が住民にとってさみしいものでも、
それはそれで仕方がない。


まぁとにかく、山廃だ。

まずはタコ。
自家製の麦みそ、カボス、旨い酢、旨い味醂で
作った酢味噌をかける・・・・絶品。




アラ(オキスズキ)の塩焼き。
チルドに入ってた刺身の残りだ。


いい具合に熟成されてて、
驚きのうまさ。
旨みが強く、ジューシーである。


山廃は、ぬる燗。


再び、
アラの塩焼き。


そんで、
ときおりカキ。


近所のおばあさんが持ってきてくれる、
ありがたい柿だ。

ありがたいよね、
日々、感謝して暮らしましょう。

さて、
明日は仕事に行かねばな。







  


Posted by 庄内じじい at 20:44Comments(0)日々の肴

2014年12月08日

山廃の夜

週末は出張だったので、
朝からどうも疲れていた月曜日。

まぁ毎週月曜はだるいけどね、
でも、今日は特にだ。

そんな日は山廃に限る。

普段は肴が主役だけども、
今日は山廃が主役。

ハタハタをスーパーで買う。
湯あげにする。





冷凍庫から、
古いヌタウナギを出す。
くんくん、大丈夫まだOK。


タコも食おう。


お、チルドのアカラ、
結構古いけど、まだOK、
塩焼きだ。


そうそう、これこれ、
スルメの麹漬け。これがうまい。


(ヌタうなぎは男鹿、それ以外は地浜、スルメも。あ、ハタハタも秋田か。秋田、なかなかやるな。)

で、主役。
いつもは秋田のだけど、
今回は加賀だ。



強烈・・・・。
みなさん、これは強烈です。

メロンの種の部分あるよね、
あれを絞った汁みたいな味。
原酒(19%)だからね、
パンチが効いてる。

山廃純米生原酒
菊姫の山廃。この時期の限定酒。
さすがの一言。

庄内にもいよいよ冬がきた。
寒ダラ、ズワイで迷ってる、
年越しの肴。



  


Posted by 庄内じじい at 19:22Comments(0)日々の肴

2014年12月06日

サクラマスの記憶

庄内の春の魚といえば・・・

やはりサクラマスでしょうか。

初めは北海道、
ついで青森、秋田、
そして庄内という感じで、
徐々に産地が南下してきます。

サクラマスは春の味。

といっても、連休頃の暑い春ではなく、
ふきのとうの頃合いです。

特に地浜のものは高級ですから、
めったなことでは買えない。

でもその日は天気でね、
何か良いことがあったのでしょうか、
ついつい。

そんな5月の記憶です。

魅入られる魚です。

鱗を取ると、
まるで水墨画です。










  


Posted by 庄内じじい at 21:06Comments(0)サクラマス

2014年12月05日

アンキモ

アンキモ。

何アンコウだろう?キアンコウかな?

今年の5月、金浦の直売所で購入。

丁寧に洗う。


水気を取る。


ホイルでつつむ。


蒸して出来上がり。


うまそ~だな。


このまま、
つまみでも良い。
新鮮で出来立てだからね、
どうやっても旨いのです。


食べきれないので、
やっぱり寿司にする。

軍艦にして、
ただおもむろにのせる。


ため息が出るほど美味い!



う~む、まだあるね。


ソテーにします。


白ワもてこいやー!



  


Posted by 庄内じじい at 21:07Comments(0)キアンコウ寿司

2014年12月04日

ホウボウ寿司

今年は結構買いました、
ホウボウ。今回も報告は今年の6月のこと。


白身魚の中で、
上位に入る美味しさ、
しかも安い。

料理は選ばず、
たいていは美味しい。

しかも、
見た目が綺麗。



それをやっぱり寿司にします。


臭みは全くないので、
塩でもいい。


でも、
ちょいね。


ちょい醤油。


そうさね、
ヒラメよりもサッパリしてる。

塩ふって、カボスをキュっとしぼったら、
さぞ旨い、、、でも、
今回は醤油でした。


  


Posted by 庄内じじい at 21:07Comments(0)ホウボウ寿司

2014年12月03日

オコゼ

これは今年7月のことだ。
週末に生協にくる魚屋さんで。

なんと、
オニオコゼうってるで?!
鼠ヶ関産だ。


オコゼって、
ときどき寿司屋で食うのだけど、
でも、魚屋には中々うってないもんなぁ。

背ビレは危ないからね、
取り除かれて売ってます。



それでもなんか怖いなぁ。
どこが目なんだ?


値段は忘れちゃった。

この迫力。


あ、光の加減で!


ま、とにかくですね、
お刺身でいただきます。


う~ん、
しこしこしてるね。
舌触りが面白い。

さっぱりした味わい。
かみしめると旨み。

こりゃ大吟醸がよろしい。
三十六人衆もてこーい!


  


Posted by 庄内じじい at 21:03Comments(0)オニオコゼ

2014年12月02日

ホッケ300

良く行く生協には鼠ヶ関から魚屋さんがくる、
土曜日にね。

で、次によく行く生協でも、
土曜日に別な魚屋さんがきててさ。

スゲーですよ。
入口で売ってる干物は何種類だろう、、、沢山とにかく。
しかもその場で焼いて試食あり、
アカラ、アンコウ、タラのフライが積まれ、
どれも安いわ、安いわ。

ま、これを買いましたホッケ干物。
良いサイズが300円。

とりあえずしっぽ側半身をいただく。
大根の旬は冬なんだなぁ、
これがあると旨さが3倍くらいになる。


繊維感というのだろうか。
ググ~、、ぱっ、という感じでとれる、
あつあつの状態に、
ヒエヒエの大根おろしをたっぷりだ。

ちょい最初に感じるちょうど良い舌触り、
じんわりとあとから溶け出る旨みの汁、
秋霜のようなピリッとした刺激、


久しぶりに魚で飯をバクバク食ったよ。

ここんところ、
魚といえばチビリ日本酒だったもんなぁ。



  


Posted by 庄内じじい at 21:07Comments(0)日々の肴ホッケ

2014年12月01日

クロマグロ切り身

ある程度寿司食い続けてると、
突然やってくるマグロ欲。

マグロの握りくいて・・・
本マグロ、冷凍してないやつ。

今年の7月、
巨大な本マグロじゃないんだろうけど、
庄内でも獲れる。

ここから北上して、
津軽海峡に行くらしい。

本マグロのサク、
ちっちゃいのを、
スーパーで買った(7月)。


ワクワク・・・。


おもむろに握り、
ちょいとだけ醤油をつけたり、
塩だけで食べてみたり、
少量ながらも思う存分に楽しむのであった。。。


やっぱり、
酢飯に合わせるとうまいぜ、
魚。


  


Posted by 庄内じじい at 21:07Comments(0)クロマグロ寿司